パンとフクロウ*自家製天然酵母*

作ったパンの記録 と フクロウぴい子(アフリカオオコノハズク,オス)との生活を綴っています。

赤飯甘酒パン(イースト)と 薬膳柚子酒

f:id:mkonohazuku:20210218075128j:plain

お赤飯で作った甘酒を使って

パンを焼いた。(イースト利用)

普通の食パンを違うところは

水分に甘酒とささげのゆで汁

使っているところ。

小豆色(ささげ色?)のパンが焼けた。

 

*赤飯甘酒*

f:id:mkonohazuku:20210218075112j:plain

お赤飯で作ったお粥を入れて

仕込んだ甘酒。

材料は

①お赤飯のお粥

②米麹

③牛乳 で仕込んである。

ほんのり甘くて

ふわっとお赤飯の香りがする。

個性的な香りだけど

これはこれで美味しくできた♪

 

f:id:mkonohazuku:20210218075105j:plain
f:id:mkonohazuku:20210218075116j:plain
f:id:mkonohazuku:20210218075102j:plain

成形しているところ。

麺棒で伸ばして三つ折り。

くるくる丸めて型に詰めた。

 

f:id:mkonohazuku:20210218075121j:plain
f:id:mkonohazuku:20210218074322j:plain

焼成前と焼成後。

もう少し膨らむかな~?と思ったけど

そうでもない。

たっぷりの甘酒を使ったパンは

お米の性質(グルテンがない)が

パンの膨らみや食感に

大きく影響するように思う。

 

f:id:mkonohazuku:20210218075131j:plain

粗熱を取りきる前にカットした

せいもあるのだけれど

カット面のきめは粗め

食感は翌日も弾力があり

もちふわな感じが嬉しい♪

味はささげの香りと渋みが

入り混じって面白い感じに

なったけれど、、

手間暇かけて作るパンは

美味しい( *´艸`)

 

*柚子酒*

f:id:mkonohazuku:20210218075050j:plain

 いつもブログでお世話になっている

ぺんたん( id:senninlife)さんの

記事を読んで作ってみた薬膳酒。

材料は柚子とホワイトリカーだけ。

ホワイトリカーが足りなくなって

少し見た目が違うけれど(;^_^A

美味しくて身体に優しい薬膳酒の

仕上がりが待ち遠しい( *´艸`)

www.senninlife.com

ぺんたんさん、記事お借りしました~♪

 

 *柚子の化粧水*

f:id:mkonohazuku:20210218074332j:plain

 こちらは柚子の種とホワイトリカー

作ってみた化粧水。

(追記:仕込んでから1週間くらい寝かせます)

添加物が入ってないのがよいですね。

 刺激が強そうな気がして心配だったけど

私の肌には合うみたい(人による?)。

お肌にしっとり馴染みます(^^♪

 

 *お知らせ*

f:id:mkonohazuku:20210219025103j:plain

所用が重なったので数日間

ブログの訪問をお休みします。

いただいたコメントへのお返事も

遅れがちになりそうです。

ブログの更新はいつも通り

数日から1週間後を目安に

更新しようと考えています。


今度ともどうぞよろしくお願いします♪

  

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

苺甘酒酵母で苺ボードパン

f:id:mkonohazuku:20210208193640j:image

苺甘酒酵母を使ったパン生地で

「苺ボードパン」を焼いてみた。

mkonohazuku.hatenablog.com


f:id:mkonohazuku:20210208193624j:image

画像の撮り忘れが激しくて💦

焼成前の画像から。

トッピングには

①スライスアーモンド

クリームチーズ

③自家製セミドライ苺

④アーモンド

⑤カボチャの種

⑤はピスタチオの方が

素敵かもって思いながら

手近にあったカボチャの種で代用

 

*自家製セミドライ苺*

f:id:mkonohazuku:20210208193657j:plain

軽く砂糖をまぶして一晩おいた苺を

オーブンで乾燥焼きしただけ

生の苺をトッピングすると

パン生地が水っぽくなると思い

セミドライ苺を作ってみた。

乾燥させすぎると

パンにのせて焼いた時に焦げる。

今回の苺について

もう少し焼きが甘くても良かったかな?

という反省がある。


f:id:mkonohazuku:20210208193619j:image

焼成後。

パンの焼き色を

もう少し付けたかったのだけど、

これ以上苺が焦げると苦くなって

すべてが台無しになるので

この程度の焼き色で妥協した。


f:id:mkonohazuku:20210208193634j:image

塗り卵を2度塗りすること

下準備段階でドライ苺の

乾燥をあまくすること

で焼き色はかなり改善すると思う。

でも適当に作った割には

良い出来栄えとも思っている。

甘酸っぱくて美味しいパン♪

これはこれで良いでしょう(笑)

 

**ぴい子さんの後ろ姿**

f:id:mkonohazuku:20210211083411j:image

ぴい子さんの後ろ姿。

フクロウさんらしく

真後ろ向いてくれると良かったのだけど。

フクロウの首の可動域は270度

言われているので、

まだまだまだまだ回ります(笑)


f:id:mkonohazuku:20210211083419j:imageこの色、この模様、

アフリカの樹木の模様なのかなぁ。

森の奥でひっそり暮らす

フクロウさんを想ってみる。

ぴい子さんは
アフリカオオコノハズクの男の子

  

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

自家製アメリカンビールとみかんびーる(アルコール度数1%未満)

f:id:mkonohazuku:20210207023343j:plain

このブログで度々紹介している

自家製ビール(アルコール度数1%未満)。

今回はアメリカンビールに挑戦です。

 

f:id:mkonohazuku:20210207023432j:plain

アメリカンビールの素材缶

これに水や少量の砂糖、イーストを

加えて発酵させて作ります。
mkonohazuku.hatenablog.com

 

f:id:mkonohazuku:20210207023400j:plain

なかなか良い感じに出来ました。

味は、普通に美味しいらしい。

アメリカンな特徴はよく分からず。

地ビールみたいな味わい」

と主人が言っておりました(笑)

前回ご紹介した黒ビールの方が

個性が強いビールのようです。

mkonohazuku.hatenablog.com

 

**みかんでアレンジ**

f:id:mkonohazuku:20210207023413j:plain

蜂蜜漬けのみかんを入れた

アレンジビール。

 

f:id:mkonohazuku:20210207031020j:plain
f:id:mkonohazuku:20210207031024j:plain

みかんをスライスして

蜂蜜に付けたもの と、

それをボトルに詰めた画像。

このボトルにビール液を入れて

仕上発酵をさせて完成です。

 

f:id:mkonohazuku:20210207023409j:plain

蜂蜜のせいか??

元気になりすぎて気泡が粗い。

味、香りは ほんのりみかん

甘いという訳でもなく、、

これはこれで美味しいビール。

 

**ラベル**

f:id:mkonohazuku:20210207023631p:plain

tatsumo(id:tatsumo77)さんに

撮ってもらった

カッコいいぴい子さんと♪

 

 

f:id:mkonohazuku:20210207023644p:plain

だるころ9216(id:darucoro9216kun)さんが

ワードで描いてくれた
可愛らしいぴい子さん(*^-^*)

ラベル作りはビールを作る

もう一つの楽しみでもあります♪

  

**パンとフクロウ**

f:id:mkonohazuku:20210207023416j:plain

 ぴい子はパン食べるの?

時々いただく質問です(笑)

フクロウは肉食なので

肉を食べます。

ぴい子は食べた事がないけれど

昆虫(餌用コオロギとか)も、

おやつにあげると喜ぶみたい。

ペットのぴい子さんは

お肉をピンセットで一口ずつ

口元に運んでもらって

一日二回 ゆっくりと、

お腹いっぱい食べています。

 

f:id:mkonohazuku:20210207023424j:plain

水はほとんど飲まないです。

水はいつも側に置いています。

溺れるといけないので

浅い器に入れています。

が、5年近く一緒に暮らしてきて

水を飲んでいる姿を見たのは

たった数回。

水分の摂取は、ご飯の水分で

ほぼ足りているのだと

思います。

 

f:id:mkonohazuku:20210207024926j:plain

(食後のお口ふき)
ペットのぴい子さんは

過保護&箱入りです(爆)

 

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

苺甘酒酵母のパン

f:id:mkonohazuku:20210204160810j:plain

苺甘酒で酵母をおこして

パンを焼いた。

 

*苺甘酒*

f:id:mkonohazuku:20210204160830j:plain

色合いは地味だけれど

とっても美味しい苺甘酒♪

この苺甘酒を使って

酵母をおこしてパンを焼いた。

 

f:id:mkonohazuku:20210204160834j:plain

仕込んだパン生地、

若干「苺」の風味が弱かったので

苺のフィリングを包んでみた。

フィリングは

①自家製苺ジャムと

クリームチーズ+自家製苺ジャム

 

f:id:mkonohazuku:20210204160805j:plain

包んで強力粉をまぶした画像。

 

f:id:mkonohazuku:20210204160823j:plain

焼成後。

 

f:id:mkonohazuku:20210204160826j:plain

私の甘酒酵母パンは

底の部分が割れやすくて

見た目が独特なのだけど

皮が固くて中身はモチモチ。

他の酵母のパンとは

全く違う面白い食感のパンになる。

 

f:id:mkonohazuku:20210204160814j:plain

個性的な自家製パンの出来上がり。

もっちりしたパン生地に

苺の風味たっぷりのフィリング。

お気に入りのレシピが出来た♪

 満足~♪

 

**ぴい子さん**

f:id:mkonohazuku:20210204160818j:plain

今日も元気なぴい子さん。

お気に入りの表情が撮れました♪

胸のマークが今日はハート。

良い事がありそうで嬉しいマーク♡
   

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

 

塩バターロール(クランベー&ストロベリー)と 太った疑惑のぴい子さん

f:id:mkonohazuku:20210124005928j:plain

クランベリー入りの

バターロールを焼いてみた。

今回はイーストを使っている。

 

f:id:mkonohazuku:20210124005914j:plain

伸ばしたパン生地に

角切りの有塩バターとクランベリー

 

f:id:mkonohazuku:20210124010048j:plain

くるくるっと巻いて仕上発酵。

 

f:id:mkonohazuku:20210124005853j:plain

 海塩を上に振って焼き上げた。

いい色に焼けてたので満足♬

 

 **別バージョン・いちご**

f:id:mkonohazuku:20210124010138j:plain

 

こちらは自家製苺バージョン

 

f:id:mkonohazuku:20210124010119j:plain
f:id:mkonohazuku:20210124010108j:plain

左の画像は、

自家製ジャムと有塩バターを

のせたところ。

こちらも美味しく仕上がりました♪

クランベリーの方が成形はしやすい

(固形なので。。。)

味はどちらも甘じょっぱくて美味

どちらも満足な仕上がりでした(*^-^*)

 

**太った疑惑のぴい子さん**

f:id:mkonohazuku:20210126115600j:plain
このところ「太った?」

とのお声をいただきがちな

アフリカオオコノハズクのぴい子さん。

 

f:id:mkonohazuku:20210126115554j:plain

いえいえ、

寒くてふんわりしてるだけ。

 

f:id:mkonohazuku:20210126124952j:image

 だって、こんなにスリムですよ!

(苦手な掃除機見てるとこ(笑))

この表情は飼い主もあまり見ない

表情です~♬

 

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

メスティンの発芽玄米炊き込みご飯

f:id:mkonohazuku:20210124010116j:plain

最近、野外料理で

よく使われているらしい

「メスティン」を使って

炊き込みご飯を作ってみた。

若干柔らかめに仕上げています。

 

メスティンをお家ご飯に使う発想は 

モカリーナ(id:mocharina09)さんの

サブブログから。

モカリーナさん、現在は

はてなからお引越しされています)

私はキャンプはしないけれど

メスティン+固形燃料

防災グッズとしてもお勧めなので

興味を持ってチャレンジした。

 
f:id:mkonohazuku:20210124010043j:image

①発芽玄米

②軽く火を通した手羽元(半割)

③大根千切り

④大根葉

⑤柚子塩麹

⑥塩柚子

⑦自家製白だし

⑧水

塩麹を入れることで

ご飯がふっくら炊きあがる。

発芽玄米と鶏肉を多めの水加減で

炊き込むアイデア 

OTSHOKOPAN (id:ot_nail) さんの

ブログから。

具沢山すぎるのはメスティンとの

相性が良くないので(吹きこぼれる)

今回はシンプルに。

 

ot-icecream.hatenablog.com

  ↑ ↑ ↑

OTSHOKOPAN (id:ot_nail) さんのブログは

美味しいもの、身体に良いもの満載の

バリエーション豊かなブログ(*^-^*)

今回の記事は鯖缶を使ったレシピ♪

タイトルにもあるように

普段は炊飯器を使って(炊飯後)

かなりの時間放置して

栄養と美味しさを引き出す料理、

らしい。

私も今回はメスティンを使って

シンプルに作ったけれど、

具沢山にするときは活力鍋を使って

がっつりと火を通します。

 

 *メスティンで簡単炊飯*

f:id:mkonohazuku:20210124010134j:plain
f:id:mkonohazuku:20210124010126j:plain
f:id:mkonohazuku:20210124010123j:plain

①材料は30分以上放置(浸水)

②固形燃料が燃え尽きるまで加熱

③軍手を使ってひっくり返して

 15分くらい蒸らす。

f:id:mkonohazuku:20210124010101j:image

鶏肉の骨を外して

軽く混ぜ合わせて出来上がり。

柚子の香りがたっぷりの

素朴な栄養料理(笑)

メスティン面白いですよ♪

**朝のぴい子さん**
f:id:mkonohazuku:20210124010104j:image

何故かは分からないけれど

朝は黒目が大きいぴい子さん。


f:id:mkonohazuku:20210124010057j:image
黒目が大きいと

あどけない感じに見えるかな?
ぴい子さんは

アフリカオオコノハズクの男の子

  

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪

柚子甘酒酵母のパン(くるみとクランベリー、もち麦)と 豆板醤

f:id:mkonohazuku:20210114114255j:plain

柚子甘酒酵母を使って

パンを焼いた。

 

mkonohazuku.hatenablog.com

前々回に掲載した配合の生地に

くるみ、クランベリー

茹でたもち麦を混ぜ込んだのが

今回のパン。

パン生地の材料には小麦粉

多く使っているけれど

甘酒に使う米麹の

もち麦大麦

少量だけど3種類の穀類

使っている。

食感は前回より更にしっとり

 

f:id:mkonohazuku:20210114114227j:plain

 ほんのり甘いクランベリー

くるみの香ばしさ、

柚子の香りもほんのりと。。

 

f:id:mkonohazuku:20210114114303j:plain

翌日もしっとりもっちり

優しい甘さと食感のパンになった。

 

*自家製豆板醤*

f:id:mkonohazuku:20210114114223j:plain
f:id:mkonohazuku:20210114114235j:plain
f:id:mkonohazuku:20210114114243j:plain

冷凍ソラマメを使って

豆板醤を作ってみた。

①ソラマメ②米麹③塩

④唐辛子⑤自家製味噌

を混ぜただけ。

配合は只今研究中。

 

*1か月以上寝かせてみた感想*

シンプルな辛さ

発酵独特の旨味は少ない。

もう少し発酵させると

風味が変わってくるのかな??

 

*ぴい子さん*

f:id:mkonohazuku:20210117113815j:image

 水浴び後の放鳥時。

可愛く撮れたな~💕と

親バカな一枚です(笑)

 

**********

そうそう。。。

今日のぴい子も太目に見えますね。

 ぴい子は、どちらかというと

痩せやすい体質なので

太って見えてもスリムです(笑)

なのでご飯の量とか、気使ってますよ。

いっぱい食べてね~♡

 

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪