パンとフクロウ*自家製天然酵母*

作ったパンの記録 と フクロウぴい子(アフリカオオコノハズク,オス)との生活を綴っています。

リュスティック比べ(ヨーグルト酵母と酒粕玄米酵母)

f:id:mkonohazuku:20200410093952j:plain

前回の記事で酒粕玄米酵母を使った

リュスティックを紹介したのだけれど

別の酵母を使うとどんな感じ?と思い

実験した。

今回の酵母はタイトル通り

①自家製ヨーグルト酵母

酒粕玄米酵母

リュスティックはフランスパン生地を

分割したまま成形しないパン。

切りっぱなし、水分多めが特徴。

(焼いた量が少ないので少し直してます)

フランス語で「素朴」「野趣」という

意味らしい。

 

f:id:mkonohazuku:20200410094041j:plain

 焼き上がりの画像。

酒粕玄米酵母の方が色づきが良い。

というか、全体的に

もう少し焼いた方が良かったかも。

 

f:id:mkonohazuku:20200410094117j:plain

 ヨーグルト酵母

気泡が大きくて良い感じ。

小麦粉の旨味が感じられる。

パンの中身(クラム)は柔らかいけれど

酒粕のものほどではない。

  

f:id:mkonohazuku:20200410094156j:plain

 酒粕玄米酵母

気泡は若干詰まっている。

酒粕の風味が良い。

パンの表面(クラスト)が固いわりに

中身(クラム)はしっとり。

食感は「米」を感じる仕上がり(笑)

 

*まとめ*

私的には酒粕玄米酵母の方が好き。 

酵母づくりも頑張ったし♪)

ただ、思いのほかヨーグルト酵母

食感が良くて、嬉しい誤算。

シンプルなパンは難しい。

今後もじっくり研究を重ねてみよう。

 

**もも介の皮をいたぶるぴい子さん**

f:id:mkonohazuku:20200410094229j:plain

 タイトルは大袈裟です。

先日ようやく脱皮した蛇のもも介の

脱皮殻を置きっぱなしにしたところ

突然ぴい子さんがイタズラしたので

慌てました。ももは白蛇さんなので

抜け殻欲しい人多いんです。

(いいこと、ありますよ~♡)

 嬉しそうだね、ぴい子さん☆

ぴい子さんは小型フクロウの男の子♪

 

https://mkonohazuku.wixsite.com/mysite/blank-18

 ↑ ↑ ↑

教室メニュー表作りました。

mkonohazuku.hatenablog.com

 ↑ ↑ ↑

レッスンご希望の方、予約方法まとめました。

是非お読みになってみてください。

※一部訂正致しました。(2020.3.10)

 

☆教室ホームページ☆

mkonohazuku.wixsite.com

☆ご予約サイト☆

cookingschool.jp

 

mkonohazuku.hatenadiary.jp ↑ ↑ ↑

サブブログ、蛇のもも介のブログです。

4月9日記事更新しました☆脱皮完了!

ピンクの可愛い蛇さんです。

 よろしかったらご覧ください♪

 

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪