レーズン、柿のカンパーニュと自家製酵母*元種作り

f:id:mkonohazuku:20171020125421j:plain

昨日のブログ記事の発酵エキスをもとに

カンパーニュを焼いてみた。

左が「レーズン酵母

右が「柿とレーズン酵母

「柿とレーズン」の方が少し大きい。

 

f:id:mkonohazuku:20171020125543j:plain

「レーズン」

味はほんのり甘くて美味しい♪

気泡は大きめ。

 

f:id:mkonohazuku:20171020125621j:plain

「柿とレーズン」

何故か酸味。。。(苦笑)

カット面の気泡は整っているけれど

最初(液種)の段階で

発酵させすぎたのでしょう。多分。。。

 

**振り返って元種作り**

f:id:mkonohazuku:20171015225413j:plain

 昨日作った発酵エキスと粉を

混ぜ合わせたもの。

2倍になるまで保温して。。

 

発酵したものの上に

発酵エキスと粉を混ぜて

2倍になるまで保温して。。

 

f:id:mkonohazuku:20171015225524j:plain

数回繰り返すと気泡たっぷり、

 元種の完成です。

イーストパンのイーストにあたるものです。

最初の液種作りで3日〜7日

今回の元種作りで2〜3日かかります。

柿の方が少し大きめ、

良い感じに見えたけど

最初(液種)の段階で

発酵させすぎたのでしょう。多分。。。

日々勉強中!頑張ります!(^^)!

 

☆教室ホームページ☆

mkonohazuku.wixsite.com

☆ご予約サイト☆

cookingschool.jp

パン教室ナビ

 ↑ ↑ ↑

クリックしていただけると嬉しいです♪